柔道66kg級 丸山城志郎選手の東京五輪の結果は?奥さんと筋肉がすごい!

丸山城志郎東京オリンピック

父親もお兄さんも柔道で活躍した柔道一家で生まれ育った丸山城志郎選手

現在世界ランキング1位で、東京オリンピック出場に最も近い選手と言われて注目されています。

そんな圧倒的な強さを誇る丸山城志郎選手ですが、高校生の頃、強豪校を自主退学することになったり、大学では大けがをしたりという苦労した過去を持っているんです。

プライベートでは、柔道の後輩を通じて出会ったという奥様とめでたく昨年結婚。

奥様の食事面でのサポート、さらに結婚を機に理想の柔道をもう一度追及していくと前向きに決心できたこともあり、結婚後は試合での成績も良好なんです。

今回は丸山城志郎選手の生い立ちや柔道を始めたきっかけ、父親との練習方法、大会での成績などを細かく振り返っていきます。

この記事を読めば、丸山選手のことをより知る事ができますし、東京オリンピックがさらに楽しめること間違いなしですよ!

この記事で分かること
  • 丸山城志郎選手のパーソナルデータ
  • 丸山城志郎選手の性格や人柄
  • 丸山城志郎選手の今までの成績・高校や大学などの経歴
  • 丸山城志郎選手のかっこいい筋肉インスタ
  • 丸山城志郎選手の事が書かれてあるみんなのツイッター評価

 

【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

>> 【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

 

丸山城志郎選手のパーソナルデータ

生年月日 1993年8月11日
階級 66kg級
出身地 宮崎県宮崎市
得意技 内股、巴投げ
世界ランキング 1位
身長 167cm
体重 66kg
所属 ミキハウス
五輪代表歴 なし
選手HP https://sports.mikihouse.co.jp/profile/index/player_id/74/

 

丸山城志郎選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【姫路・スポーツイラストレーター】わりとくわし(@warito)がシェアした投稿

丸山城志郎選手は5歳の時、父親の出身道場でもある静充館にて柔道を始めます。

父親はバルセロナオリンピック柔道65kg級で7位に入賞経験がある丸山顕志選手。

兄ものちに81kg級2011年世界チャンピオンとなる丸山剛毅選手。

小学生の時、顕志さん(父)が道場「泰山学舎」を建て、毎日2時間以上練習していたそうです。

兄弟そろって顕志さん(父)から鬼の様な特訓を受けていた成果もあり、小学校5年生には大会で入賞できるほどの実力に。

 

中学校は強豪校に通っていたものの、技を繰り出すのが遅く敗戦続きとなり苦しむ時代になりました。

高校でも2年生の時に校則違反(女子部員との交際)をとがめられ丸山選手は自主退学しますが、転校先でも柔道では結果を残せないまま大学へと進学します。

※男女交際で退学って厳しいと思う人が大半だと思いますが、丸山選手が通っていた桐蔭学園高校は、校則がとても厳しいことで有名で男女交際も校則で禁止されていたんです。

 

追い打ちをかけるように大学入学直前に膝に大けがを負い、さらに翌年は左膝前十字じん帯を断裂というアクシデントに見舞われる事態に。

怪我の復帰後も調子が戻らない丸山選手を見て、(父)顕志さんは精神的な弱さを感じ、それを克服させるために約三年半絶縁状態になる道を選びます。

その結果、丸山選手は悔しさをばねに練習を積み重ね、見事に父親の期待に応え、2018年頃から連勝続きとなるんです。

現在は66kg級世界ランキング1位に輝いています。

 

丸山城志郎選手の経歴

  • 5歳の時、静充館にて柔道を始める。
  • 小学校5年生の時、全国少年柔道大会にて個人3位入賞。
  • 中学校2年生の時、全国中学校柔道大会で初めて優勝を飾る。
  • 中学校3年生の時、全国中学校柔道大会66kg級にて優勝し、2階級で連覇達成。
  • 大学1年生の時、全日本ジュニアにて優勝。
  • 大学2年生の時、講道館杯にて優勝。
  • 大学4年生の時、リオデジャネイロオリンピックテスト大会にて優勝。
  • 2016年5月、IJFワールド柔道ツアーにて優勝を飾る。
  • 2019年世界選手権優勝。

 

丸山城志郎選手の柔道スタイル

丸山城志郎選手の得意技は「内股」「巴投げ」です。

強さの秘訣は子供の頃の特訓にあるといいます。

丸山選手は小学生の頃、筋力強化・体力強化のため父親からはさまざまなトレーニングを課せられました。

福岡の大濠公園を走ったり、河川敷で堤防の上り下りダッシュ、さらには当時住んでいた高層マンションの階段を3往復していたそう。

階段の下りは普通の走りよりも踏ん張りが必要になるため、膝に独特のばねが形成されたのではないかと本人も振り返っています。

そんな裏話を聞くと、より試合で繰り出される技が面白く感じられますよね。

 

丸山城志郎選手の得意技:内股

丸山選手の得意技である「内股」はあまりのキレ味の良さに、日本刀に例えられることもあるほどスピーディーで強く美しいんです。

丸山選手の試合を見るときは、この切れ味抜群の内股をぜひ期待しましょう!

 

丸山城志郎選手の得意技:巴投げ

「巴投げ」は相手を前に崩し、片足の裏を相手に当てて押し上げるように真後ろに投げる技をいいます。

相手を投げ飛ばした後のすさまじく響く音がとてもかっこいい技なんです。

丸山選手の伝家の家宝と呼ばれる「巴投げ」は試合でもぜひ見たいですね。

 

丸山城志郎選手の2020東京オリンピックへの期待

東京オリンピック出場の争いが激しくなっている日本男子柔道ですが、丸山選手は東京オリンピックでの金メダル獲得が目標と明言しています!

現在世界ランキング1位ですので、父親が叶えられなかったオリンピックでのメダル獲得もきっと丸山選手なら叶えられるはず。

みんなで応援しましょう!

 

▼東京オリンピック柔道出場選手プロフィール一覧はこちら▼

【東京五輪柔道】出場選手一覧

>>【東京五輪柔道】出場選手一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です