柔道66kg級 阿部一二三選手の東京五輪結果は?彼女の存在と兄弟や彼女は?

東京オリンピック阿部一二三選手

数々の大会で優勝を飾っている男子柔道66kg級の阿部一二三選手

実力があるだけではなくルックスもかなりのイケメンで、今まで柔道に関心がなかった女性ファンもかなり増えてきています。

妹の阿部詩選手も可愛くて実力があり、美形の最強兄妹として注目されているんです。

2018年兄妹揃っての世界選手権優勝は話題になりましたよね。

 

そんな阿部一二三選手は、幼少期からずっと勝ち続けている順調なイメージがありますが、意外にも頭角を現すようになったのは中学生に入ってからだそう。

今回は阿部選手の生い立ちや、柔道を始めたきっかけ、柔道の大会での成績を振り返ってみたいと思います。

この記事を読めば、柔道をより深く知る事ができ、阿部選手のことを好きになること間違いなしですよ!

この記事で分かること
  • 阿部一二三選手のパーソナルデータ
  • 阿部一二三選手の性格や人柄
  • 阿部一二三選手の今までの成績・高校や大学などの経歴
  • 阿部一二三選手のかっこいい筋肉インスタ
  • 阿部一二三選手の事が書かれてあるみんなのツイッター評価

 

【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

>> 【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

 

▼阿部一二三選手の妹、阿部詩選手の記事はこちら▼

東京オリンピック阿部詩 【東京五輪】女子柔道52kg級 阿部詩選手の可愛いインスタと経歴紹介

>> 女子柔道52kg級 阿部詩選手

阿部一二三選手のパーソナルデータ

生年月日 1997年8月9日
階級 66kg級
出身地 兵庫県神戸市
得意技 背負投、袖釣込腰
世界ランキング 4位
身長 167cm
体重 66kg
所属 日本体育大学
五輪代表歴 なし
選手HP https://www.judo.or.jp/athlete/h_abe
選手SNS(twitter・instagram) official tweet
official instagram

 

阿部一二三選手ってどんな人?

阿部一二三選手は6歳の時、テレビで柔道を見て憧れを抱き、兵庫少年こだま会にて柔道を始めます。

最初は練習が怖くて泣いてしまうため、兄に付き添ってもらっていたそうです。

小学3年生の時に女子選手に投げられて悔しく思い、それがきっかけで父親と共に本格的な練習を開始します。

消防士をしていた父の指導のもと、近所の公園で体幹トレーニングを積み重ね身体を鍛えていきました。

その成果もあり、全国中学校柔道大会で初優勝し、さらに2連覇を達成。

 

その後中学3年でアジアユースにも優勝し、日本代表エースとして候補に上がるようになっていきます。

高校2年生になると「全日本カデ2連覇」や「インターハイ6試合オール一本勝ち」を成し遂げるなど、あまりのレベルの高さに周囲が驚くほど成長。

その後阿部選手は日本体育大学へ進学し、グランドスラムや世界選手権で優勝を飾るなど充実した柔道生活を送ります。

2018年には史上初、世界選手権で兄妹同時に世界チャンピオンとなりました。

妹の阿部詩選手とともに東京オリンピックに出場し、金メダルを獲得することが夢だと阿部選手は話しています。

 

阿部一二三選手の経歴

  • 6歳の時、兵庫少年こだま会にて柔道を始める。
  • 中学2年生の時、全国中学校柔道大会で初優勝を飾る。
  • 中学3年生の時、全国中学校柔道大会2連覇、アジアユースで優勝。
  • 高校1年生の時、全日本カデで優勝、高校全国高校選手権にて優勝。
  • 高校2年生の時、全日本カデ2連覇を達成。
  • 高校3年生の時、インターハイ2連覇を達成。
  • 大学1年生の時、グランドスラム・チュメニ、グランドスラム東京ともに優勝。
  • 大学3年生の時、世界選手権3連覇、体重団体別優勝。

 

阿部一二三選手の柔道スタイル

阿部選手は子供の頃から磨いてきた背負い投げが得意技。

憧れである野村忠宏選手の背負い投げを研究し、自分の得意技にするため特訓してきたと言います。

好きな言葉は「努力は天才を超える」という努力家な阿部選手ですので、相当な練習量をこなしてきたことがわかりますよね。

背負い投げから発展し、のちに袖釣込腰も得意技に加わりました。

こちらの技は、自分で得意技にできそうという確信が持てたそうです。

消防士の父仕込みの体幹トレーニングのおかげで、多少無理な体勢からでも技を仕掛けることができることが強みと言われている阿部選手。

幼少期に努力してきたことが技に活きているというのはとても素晴らしいことですよね。

阿部一二三選手の得意技:背負い投げ

阿部選手の「背負い投げ」は特徴的だと話題になることが多いんです。

背負い投げは相手を崩してから仕掛けますが、阿部選手の場合は相手の体制が崩れていないのに持ち前の体幹の強さで強引に高い姿勢から投げに入ることができます。

高い位置からの背負い投げが出来るのはすごいと、野村忠宏選手も驚きのコメントをしていたほど。

高校1年生の時から特訓している高い姿勢からの背負い投げ、ぜひ試合で見てみたいですね!

 

阿部一二三選手の得意技:袖釣込腰

阿部選手のもう一つの必殺技「袖釣込腰」。

袖釣込腰は背負い投げと足の運び方はほとんど同じですが、相手の袖をコントロールするのがとても難しく、難易度の高い技です。

始めたきっかけはやってみたらやりやすかったというシンプルな理由で、阿部選手のセンスを感じます。

わりと小柄な阿部選手ですが、技の迫力は抜群です!

 

阿部一二三選手のかっこいいインスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hifumi.Abe(@hifumi.abe)がシェアした投稿

兄弟のツーショット!道着ではなくスーツでもかっこいいですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hifumi.Abe(@hifumi.abe)がシェアした投稿

真剣で凛々しい横顔がかっこいいですね

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hifumi.Abe(@hifumi.abe)がシェアした投稿

さわやかな笑顔が素敵ですね。

 

阿部一二三選手の2020東京オリンピックへの期待

柔道グランドスラム大阪2019でもライバル丸山選手に勝利し、東京オリンピック出場への熱意をアピールしていた阿部選手。

ぜひ夢であるオリンピック出場を叶え、活躍する姿を見たいですよね!

兄妹でメダル獲得もあるかもしれませんし、今後も阿部選手に注目です!

 

▼東京オリンピック柔道出場選手プロフィール一覧はこちら▼

【東京五輪柔道】出場選手一覧

>>【東京五輪柔道】出場選手一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です