【東京五輪】体操男子代表 谷川翔選手ってどんな人?かっこいい筋肉インスタ

【東京五輪】体操男子代表 谷川翔選手ってどんな人?かっこいい筋肉インスタ

体操の谷川翔(たにがわかける)選手は2019年現在、20歳にして日本選手権2連覇中の体操界期待の新エースです。

2017年まで内村航平選手が10連覇をしていた日本選手権ですが、11連覇目の偉業を阻止しし、内村選手以来の10代チャンピオンが誕生したとしてとても話題になりました。

2020東京五輪にむけて代表争いが熾烈を極める中、日本代表として内村航平選手や白井健三選手以上に存在感を示しています。

そんな谷川選手とはいったいどんな人物なのか、過去の経歴や尊敬する選手である兄の情報など詳しく見ていきたいと思います。

谷川翔選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

谷川翔(@kakerutanigawa)がシェアした投稿

得意種目 あん馬 平行棒
出場種目 個人総合

あん馬

平行棒

生年月日 1999/2/15
出身地 千葉県船橋市
出身校 法田中学校

船橋高校

順天堂大学アイキャッチ画像を設定

身長 153cm
体重 51kg
所属 順天堂大学
五輪代表歴 なし
選手HP なし
選手SNS(twitter・instagram) official tweet

official instagram

谷川翔選手ってどんな人?

谷川選手は小さい時から運動神経がいい少年だったそうです。

体操は先に兄が習っていたことに影響を受け6歳の時に始めていますが、それ以前にも水泳や和太鼓、アクションスクールに通うなど様々な習い事に挑戦しています。

持ち前の運動神経の良さから6歳の時に水泳でバタフライや平泳ぎをマスターして50m泳ぎきったり、体操を始めた1年後には連続してバク転ができるようになるなど、当時から高い身体能力を発揮していました。

少年時代に経験した様々な競技の中で特に気に入った体操に徐々にのめり込んでいき、本人のまじめな性格も合わさってメキメキ実力をつけていきます。

日本一の選手になった現在はこれまで以上に体操中心の生活をしていますが、SNSでは変顔や食べ物の写真を載せていて、今どきの大学生らしい一面も披露しているんですよ。

谷川選手は特にラーメンやお菓子のグミが大好物のようで、写真をよく投稿しています。

厳しいトップアスリートの世界ではストレスを感じることも多いと思いますが、好きなものを食べることがいいリフレッシュになっているんですね。

谷川翔選手の経歴

  • 小学校1年生で体操を始める。
  • 2013年(中学3年)全国中学校体操選手権、個人総合優勝。
  • 船橋高校進学後、2016年(高校3年)に全日本ジュニア選手権、個人総合優勝。
  • 順天堂大学進学後、2018年(大学2年)で内村航平や白井健三を破り全日本選手権優勝。
  • 2019年(大学3年)で全日本選手権2連覇、NHK杯優勝を飾っている。

谷川翔選手の兄弟は?

谷川翔選手には3歳年の離れた航さんという兄がいます。

兄の航さんも同じ体操選手でありセントラルスポーツに所属。

床や跳馬、平行棒を得意とし、2019年には世界体操選手権で団体総合のメンバーとして銅メダル獲得に貢献しています。

兄弟でありながら同じ高校、大学に通う先輩後輩同士でもある二人。

世界体操ドイツ・シュツットガルト2019では史上初の兄弟で団体代表入りを果たしました。

今後も兄弟揃っての活躍に期待が高まります。

谷川翔は子役としてジャニーズと共演していた!

谷川選手は過去にテレビに出演してジャニーズタレントとの共演歴があります。

当時6歳だった谷川選手は「天才バク転少年」として、とんねるずの石橋貴明さんと中居正広さんがMCをしていた、「うたばん」という音楽バラエティ番組に出演。

番組の中で嵐の5人や亀梨和也さん、山下智久さんとバク転対決を行い、ランドセルを背負ったまま連続でバク転する特技を披露しました。

当時の共演のことを亀梨和也さんは覚えていて、谷川選手が2018年4月に全日本選手権で優勝した際、「13年前に共演したことがあります」と自身の出演するスポーツニュースで語っていました。

当時から高い能力を発揮していたんですね。

イケメン谷川翔選手 筋肉インスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

谷川翔(@kakerutanigawa)がシェアした投稿

吊り輪の演技では特に肩から上腕の筋肉に目が行きますね。

谷川選手は153cmの身長に対して51kgとしっかり体重があるのは、がっちりついた筋肉の賜物なのでしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenichi Saezaki(@saesae_kenken)がシェアした投稿

内村航平選手を破る大金星を収めた初優勝時は、「勝てると思ってなかったので夢のよう」と語っていた谷川選手。

しかし2度目の全日本優勝を経験し、自分が日本のエースだという自覚も強くなったのではないでしょうか。

世界的に体操のレベルが上がる中今後も成長を続けて、2020年にはオリンピックとともに全日本3連覇にも期待したいですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝日新聞スポーツ(@sportsphotography_asahi)がシェアした投稿

兄の航さんと一緒にいるときは、とてもリラックスしているように見えますね。

尊敬する選手は兄という谷川選手。

ライバルでもあり、身近でお互いを高めあえる存在なのでしょう。

今後もお二人での活躍を期待しています。

谷川翔選手のみんなのツイッター評価

挨拶を自分から気持ちよく出来るのはスポーツマンとして大切なことですよね。

こういった日頃の姿勢や人柄が、演技にも美しさとして出ているので見る人を引き付けるのでしょう。

当たり前のことかもしれませんが素晴らしいことですね。

結果を出した選手はどうしても世間に注目されてしまいますし、期待されているからこその重圧は大きくなるもの。

しかし谷川選手なら重圧も力に変えて素晴らしい演技を見せてくれるでしょう。

今後も応援していきたいですね。

 

「今日一日が怖かった」と谷川選手が話したように、前回のNHK杯で世界選手権代表を逃した悔しさがよぎりながらも素晴らしい演技でしたね。

失敗できない状況での最後の鉄棒は相当な重圧がかかっていたと思いますが、見事にプレッシャーを跳ねのけた素晴らしい演技。

結果以上に選手として大きく成長した瞬間だったのではないでしょうか。

谷川翔選手の2020東京オリンピックへの期待

男子体操界で最も伸び盛りの谷川翔選手が東京オリンピックで活躍する姿がとても楽しみですが、代表選手選考は2020年春の日本選手権とNHK杯の結果次第。

内村航平選手や白井健三選手といった経験豊富な選手も多い中、今後も代表争いは熾烈を極めます。

日本選手権やNHK杯での優勝でメンタル的にも強くなった谷川選手。

代表権獲得に向けて、得意のあん馬で技の難易度を高め、攻めの演技に期待したい。

今の勢いをさらに伸ばして代表の座を掴んでもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です