水泳(競泳)女子背泳ぎ 酒井夏海選手の東京五輪結果は?高校や大学はどこ?かわいい画像あり

酒井夏海(さかいなつみ)選手は、21世紀生まれで初めてオリンピックに出場した日本女子競泳背泳ぎ期待のホープ。

2016年のリオ五輪では背泳ぎの個人出場は叶いませんでしたが、メドレーリレーのメンバーに選出され注目を集めました。

リオ五輪当時は中学生だった酒井選手も現在は高校生になり、今年の世界水泳100m背泳ぎでは6位入賞とその成長を見せてくれています。

東京オリンピックでも期待度が高い若手選手として注目されている酒井選手。

この記事では、酒井選手のプロフィールや経歴、今後の進路や貴重な私服姿などについて紹介していきます!

酒井夏海選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kai shiroyama(ハムシク)(@kai_shiroyama0611)がシェアした投稿

得意種目 背泳ぎ
生年月日 2001年6月19日
出身地 埼玉県さいたま市
出身校 さいたま市立土合中学校・南部高等学校・東洋大学
身長 175cm
体重 63kg
所属 スウィン南越谷
五輪代表歴 2016年リオ五輪女子 4×100mメドレーリレー出場
選手HP なし
選手SNS(twitter・instagram) https://www.instagram.com/natsumi__sakai/

酒井夏海選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒井夏海 Sakai Natsumi(@natsumi__sakai)がシェアした投稿

酒井選手(18歳)は競泳背泳ぎの選手で、前回のリオデジャネイロオリンピック出場経験を持っています。

東京オリンピックへの期待が高まる中、期待値の高い選手の一人と言えるでしょう。

酒井選手の泳ぎの特徴として、「下半身のばねを活かしたキック力」と「強い体幹で体の軸がぶれない泳ぎ」の2点が挙げられます。

趣味はお昼寝で、お笑いのNON STYLEのファンでもあるそうです。

最近は欅坂48や日向坂48にもはまっているようで、9月には念願の欅坂48のライブに行ってきたとのこと。

こういった話を見ると、「有名な選手だけどまだ高校生なんだな」と親近感が湧いてきますね。

東京オリンピックまでに酒井選手のことに詳しくなって、めいっぱい応援しましょう。

酒井夏海選手選手の経歴

  • 幼稚園の時、3歳上の兄の影響で水泳を始める。
  • 中学校に入学直前、ジュニアオリンピック背泳ぎで優勝。
  • 2015年(中2)日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ、200m背泳ぎ3位。
  • 2016年(中3)100m背泳ぎにて中学新記録で優勝。リオ五輪にて女子メドレーリレーの背泳ぎで日本代表選出。
  • 2018年 (高2)ジャカルタ・アジア大会にて100m背泳ぎで優勝。リレー種目も含めて金メダル計3個獲得。

酒井夏海選手が愛用している水着やゴーグルのブランドは?

酒井選手が大会で着用するスイムスーツは、ミズノのGX・SONIC IV MRというシリーズ。

ミズノの新技術「ソニックライトリブテックスII」で水の抵抗を極限まで軽減し、水の抵抗が少ないフラットな姿勢をキープしやすい水着。

とてもデリケートな材質でできています。

視認性に優れ、かけ心地も良いとお気に入りのゴーグルは、ミズノGX・SONIC EYE J スイミングゴーグルです。

酒井夏海選手の高校はどこ?

酒井夏海選手の通う高校武南高校

酒井選手は埼玉県にある武南高校に通っています。

武南高校は文武両道を謳っており、酒井選手が所属する水泳部の他にも、サッカー部やダンス部なども有名です。

酒井選手も高校2年生のときにアジア大会の出場枠を見事勝ち取っており、武南高校の名前を知らしめるのに一役買っていると言えます。

酒井夏海選手の大学はどこ?

東洋大学

11月20日、酒井選手が東洋大学に進学することがニュースにて報道されました。

東洋大学といえば、萩野公介選手や大橋悠依選手などを輩出している大学です。

現在も有力な選手が多数所属しており、酒井選手のさらなる成長が期待できそうですね。

 

就職先はスウィン美園が有力

高校進学後から、酒井選手の卒業後の進路の有力候補には「スウィン美園」が挙げられていました。

ただし、11月21日に東洋大学への進学が報道されてましたから、就職の話はしばらくなさそうです。

とはいえ、幼少期から通い続けているスイミングスクールに就職する選手も多くいますから、大学卒業後はスウィン美園に就職する可能性もありますね。

 

酒井夏海選手に対してのみんなのツイッター

メダル及ばずでしたが、予選、準決勝、決勝、とタイムをあげてきてましたね。

すばらしい戦いでした!

 

世界の選手に限らず、日本選手もたくさん活躍している中で、決して埋もれないその活躍がすごいですね。

 

世代の近い2人が、並んで笑う姿が見れる日が待ち遠しいですね。

酒井夏海選手のかわいい私服インスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒井夏海 Sakai Natsumi(@natsumi__sakai)がシェアした投稿

いつもは水泳キャップの中に隠れてるロングヘア―がおりてて、大人な魅力が満載ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒井夏海 Sakai Natsumi(@natsumi__sakai)がシェアした投稿

ジャージでも、キャップを被るだけで可愛さ増しましです

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒井夏海 Sakai Natsumi(@natsumi__sakai)がシェアした投稿

2019年で見納めの制服姿も、かわいいですね。

酒井夏海選手の2020東京オリンピックへの期待

2019年の世界水泳では、メドレーリレーで再びオリンピック出場の内定を獲得し、個人100m背泳ぎでも6位入賞した酒井選手。

まだ個人での東京五輪内定は決定していませんが、この活躍ぶりならメドレーに限らず、個人での活躍も見られる可能性は大いにありです!

ぜひとも頑張ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です