【東京五輪】競泳(水泳)自由形 中村克選手は超絶イケメン?岡副麻希が彼女って本当?

東京オリンピック競泳自由形代表中村克選手

中村克(なかむらかつみ)選手はリオデジャネイロオリンピックのリレー種目において日本記録を樹立するなど、実力ある競泳選手の一人。

また、2018年に開催された「きららカップ」にて、50m自由形でも日本記録を樹立しています。

スポーツマンとしての男らしさの一面とは裏腹に、アロマ集めが趣味というロマンチックな一面もあることから、競泳男子の中でも多くの女性ファンを抱えているんですよ。

数々の大会において自由形の日本記録を更新し続け、かつプライベートな一面も意外性のある中村克選手とはどのような人物なのか、気になっている方も多いはずです。

そんな中村克選手とはどのような方なのかをご紹介していきます。

 

中村克選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katsumi Nakamura(@katsumi.221)がシェアした投稿

生年月日 1994年2月21日
得意種目 自由形
出身地 東京都
身長 182cm
体重 80kg
所属 イトマン東進
五輪代表歴 リオ五輪
選手HP https://www.itoman.com/special_class/players/nakamura.php
選手SNS(twitter・instagram) official tweet
official instagram

中村克選手が愛用している水着やゴーグルは?

アシックスが最先端テクノロジーを使って作り上げたトップアスリートの為のスイムスーツ。素材重量軽減・流水抵抗軽減・伸縮性アップと3拍子揃っています。

 

 

中村克選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katsumi Nakamura(@katsumi.221)がシェアした投稿

中村克選手は、競泳自由形のオリンピック候補選手。

各大会において日本新記録を樹立するなど、数々の実績を納めている実力ある若手スイマーの一人。

そんな中村克選手は、「日本の自由形の歴史を変えたい」と、世界水泳の際に意気込んでいる様子がインタビュー等で話題となりました。

また、水泳の実力だけではなく甘いマスクでも人気ですが、本人に自覚はないようで「名前と顔を覚えていただけるならうれしい」と、謙虚な姿勢を見せる場面も。

趣味はアロマ集めで、匂いフェチとしても有名な中村克選手。

アロマ集めの趣味からついた異名は”アロマ王子”とのことで、ファンやマスコミから愛称として親しまれています。

特に好きな匂いが柔軟剤の「ダウニー」の臭いで、この柔軟剤しか使用しないというこだわりを持っていらっしゃるそうです。

2019年に開催されている世界水泳では、日本勢初の自由形決勝進出には及びませんでした。

しかし、塩浦選手と2人で準決勝に進出したことは、日本人選手として初の快挙となります。

2020年の東京オリンピックに向けて自由形で金メダルを獲得することを目標に掲げている中村克選手。

今後の活躍に目が離せません。

中村克選手の経歴

  • 中学校1年生のときに水泳を始める。
  • 中学校3年生で全国中学水泳競技大会優勝。
  • 2014年 学生選手権 自由形 50m・100m 優勝
  • 2015年 W杯東京大会 自由形 50m・100m 優勝
  • 2016年 日本選手権 自由形 50m 100m 優勝
  • 2017年 日本選手権 自由形 50m 100m 優勝
  • 2018年 日本選手権 自由形 50m 100m 優勝

中学1年生の頃から水泳を始めて、自由形として現在でも優勝を多く飾り、日本記録の記録を更新し続けているという華やかな経歴を持っています。

中村克の彼女は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡副麻希(@maki_okazoe_official)がシェアした投稿

2019年11月に「FRIDAY」で、中村克選手とフリーアナウンサーの岡副麻希さんの熱愛報道が報じられました。

2人の出会いは、ジャンクSPORTSでの出演からと言われています。

中村選手と岡副さんは、同じ早稲田大学を卒業されていたということで、意気投合し交際に至ったということです。

FRIDAYでのインタビューに岡副麻希さんとの交際について、中村選手は「自分の練習の励みになっている」と真剣な表情で答えています。

現在は半同棲状態であり、真剣交際が続いているとのこと。

今後、結婚も予想されるお二人の動向に注目が集まります。

米川琢コーチとの関係

 

この投稿をInstagramで見る

 

米川琢 TakuYonekawa(@taku_yonekawa)がシェアした投稿

中村克選手のコーチは2つ年上と年齢が近い元水泳選手である米川琢(よねかわたく)コーチ。

米川琢さんは、2016年まで選手として活躍していましたが、オーバートレーニング症候群を患ったことがきっかけとなり引退。

引退後コーチングの勉強をしていた時に、中村克選手の練習を見学した事がきっかけでリオ五輪からコーチをしています。

互いに年齢が近いことで練習内容やプライベートなど、何でも言い合える関係性を深めているそうです。

 

中村克選手のトレーニング内容とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katsumi Nakamura(@katsumi.221)がシェアした投稿

中村克選手のトレーニングは、スイムやウエイトだけではなく、「キックボクシング」を導入しているのが特徴的。

ボクシングを取り入れている理由は、「カッコイイから」「力を抜く動作が水泳と似ているから」だそうです。

トレーニングの流れは以下のような感じ。

ウォーミングアップ(約1時間)・・・チューブやゴムバンドで肩甲骨を中心にほぐし、腹筋・ベンチプレスなどウェイトトレーニング。

ボクシングトレーニング・・・コーチにミットを持ってもらい、ひたすらミット打ちをして筋肉に刺激を与える

スイムトレーニング・・・ここからやっとスイムトレーニング。1時間以上のハードなトレーニングを行っています。

筋肉イケメン中村克選手のインスタ・ツイッター

鍛えられた筋肉に甘いマスクの中村克選手の水着姿は、まさにイケメン選手です。

鍛え抜かれた体系に誰もがうっとりしてしまうでしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katsumi Nakamura(@katsumi.221)がシェアした投稿

 

水着姿とは打って変わり、私服姿の中村克選手。

私服からでも普段から鍛えられている体系の良さは、見るだけでよくわかります。

 

中村克選手の2020東京オリンピックへの期待

2020年東京オリンピックでは、中村克選手は日本代表として選抜される可能性が十分ある選手です。

リオデジャネイロオリンピックの際には、メダルが獲得できなかったことで悔しい思いをしたことを口にし、東京オリンピックへの出場を熱望しています。

自由形としてのオリンピックでのメダル獲得は、1952年の銀メダル獲得以来となるため、中村克選手がオリンピックの代表選手に内定し、メダルを獲得すれば快挙となるのです。

自由形の若きホープとして、東京オリンピックへの出場には期待が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です