【東京オリンピック】競泳(水泳)女子 小西杏奈選手スタートの秘密は?彼氏はいるの?

東京オリンピック女子競泳背泳ぎ代表小西杏奈選手

小西杏奈(こにしあんな)選手は、2018年の日本選手権にて、2年連続連覇を達成した今最も注目されている女子背泳ぎのスイマー。

また、2018年のアジア大会で2年ぶりに国際大会への個人種目出場を果たした選手でもあります。

小西選手は背泳ぎ選手の中では159cmと小柄な方ですが、そのハンディキャップを努力で補ってきました。

それが「独自のスターティングスタイル」です。

この記事では、小西選手の出身校や現在の勤務先、そして小西選手の代名詞とも言えるスターティングについてご紹介していきます。

 

小西杏奈選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

テレ朝水泳(@swim5ch.tvashi)がシェアした投稿

得意種目 背泳ぎ
生年月日 1996年5月10日
出身地 兵庫県豊岡市
出身校 明石市立望海中学校・豊川高校・中京大学
身長 159cm
体重 52kg
所属 サイサン
五輪代表歴 なし
選手HP なし
選手SNS(twitter・instagram) official tweet
official instagram

小西杏奈選手が愛用している水着やゴーグルは?

水を切り裂くように進む感覚を得られるarenaのスイムスーツ。肌にピッタリと密着する素材が筋肉のブレ抑制と水による抵抗を軽減。背中を大きく開ける設計でスムーズに肩関節が動かせます。

 

小西杏奈選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Konishi Anna(@ansan0518)がシェアした投稿

小西選手は長身が多い背泳ぎの選手の中で、身長が低いというハンディキャップを筋力でカバーしている選手。

2018年のテレビ取材の中では、重さが体重の半分もあるウェイトをつけて懸垂をするトレーニングを見せてくれました。

これは日本女子競泳界の中でも小西選手しか出来ないんだそうです。

他の人と異なることであっても、自分を信じて突き進む小西選手の信念の強さとたゆまぬ努力が伺えますね。

また、信念の強さと言えば2018年に自己新記録を1秒近く更新した際のインタビューでの発言が印象的でした。

大会にて自己新記録を更新したにも関わらず、「まだ世界と戦える記録ではない」とコメントしたんです。

あくまで世界で勝つためにストイックに努力を続ける姿には、見ているこちらも「次のオリンピックではメダルを取ってほしい」と、ますます応援したくなりますね。

 

小西杏奈手の経歴

  • 2歳の時、水泳を始める。
  • 小学校3、4年生の時、日本選手権を連覇。
  • 2016年(高1)全日本体操種目別選手権にて跳馬5位、段違い平行棒6位入賞。
  • 2017年(大3)日本選手権にて背泳ぎ100m優勝するものの、標準記録突破できず。
  • 2018年 (大4) 日本選手権100m背泳ぎにて優勝し連覇する。
  • 2018年 (大4) アジア大会50m背泳ぎにて4位、100m背泳ぎにて準優勝。

 

小西杏奈選手の高校・大学はどこ?

小西杏奈選手の高校・大学はどこ?

小西選手の出身学校ですが、高校は地元兵庫県の豊川高校に通ってました。

大学は愛知県の中京大学に進学します。

中京大学で選手では、フィギュアスケートの浅田真央さんや安藤美姫さんも同じ大学の出身です。

一流アスリートの一人である小西選手も、周囲からいい刺激を受けていたのではないでしょうか。

小西杏奈選手の世界で唯一の独自スタイル

小西選手の代名詞と言えば、スタート時のフォームです。

通常のスタートと異なり、小西選手は壁を蹴る足の力だけでスタート時の勢いをつけます。

下手すれば減速しかねない方法なのですが、それを補うために格闘技選手並みの筋力トレーニングを行い、瞬発力でカバーしているのです。

このスタートが、まさに小西選手のハンディキャップをものともしない努力と強さだと言えますね。

 

小西杏奈選手の進路・就職先は?

小西杏奈選手の進路・就職先は?

小西選手は、今年2019年4月に株式会社サイサンに入社しました。

サイサンは、埼玉県大宮市にある都市ガスや電力供給を行っている会社で、アスリートの支援も行っています。

小西選手の採用には、JOC(日本オリンピック委員会)が実施するトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し内定を決定したとのことです。

同会社にはスキーの石橋未樹選手も、小西選手と同じタイミングで入社しているんですよ。

小西杏奈選手に対してのみんなのツイッター

 

気軽に写真撮影に応じてくれるところも素敵です!

小西杏奈選手のかわいいインスタ・ツイッター

好きなぬいぐるみと一緒で、満面の笑みが可愛すぎますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

「チームがんばれ!ニッポン!」(@team_nippon)がシェアした投稿

やっぱりいい結果が出せた後の笑顔が一番ですね。

小西杏奈選手の2020東京オリンピックへの期待

独自のスターティングスタイルや、並外れた筋力など、たゆまぬ努力と向上心が魅力の小西選手。

次の東京五輪でこそ、その努力が報われてほしいですね。

小西選手の活躍から目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です