【東京五輪】サッカー日本代表 堂安律選手の活躍は?かっこいいインスタ

東京オリンピック男子サッカー代表堂安律選手

堂安律(どうあんりつ)選手はオランダ名門クラブチーム、PSVアイントホーフェンに所属するプロサッカー選手です。

2020年東京オリンピックでも活躍が期待されている一人。

この記事では彼が幼少期から現在に至るまで、どのような家族環境で育ち、どんな人なのかを振り返っています。

さらに彼が獲得してきたタイトル、2019年に移籍を決めたPSVがどのようなチームなのか、彼女の存在についてもまとめました。

この記事を読んだ上で、2020年東京オリンピックを観戦すればより一層楽しめると思いますよ。

堂安律選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

ポジション MF(ミッドフィルダー)
生年月日 1998年6月16日
出身地 兵庫県尼崎市
出身校 尼崎市立小田南中→追手門学院高
身長 172cm
体重 70kg
所属 PSVアイントホーフェン
五輪代表歴 なし
選手HP https://www.jfa.jp/
選手SNS(twitter・instagram) official tweet

official instagram

堂安律選手の愛用しているスパイク

[プーマ] フューチャー 19.1 NETFIT HG (105532-02) 27.5

[プーマ] フューチャー 19.1 NETFIT HG (105532-02) 27.5

22,000円(05/29 22:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

堂安律選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

3歳の頃から3つ年上の兄とサッカーを始めた堂安選手。

その時からすでに「俺、上手いんやろうな」と思っていたらしく、自信家/ビッグマウスぶりは幼少期からあったのかもしれませんね。

鋭いドリブルが持ち味の堂安選手ですが、小学生の頃は努力していたというよりも、サッカーが好きでとにかくボールを蹴っていたそうです。

また小学生時代、堂安選手はサッカークラブを3つ掛け持ちしていた為、母親は毎日送迎に追われていたのだとか。

堂安選手には2人の兄がいますが、両親はだれか1人だけを特別扱いすることなく、学校を卒業するまで等しくサッカークラブに通わせ、同じように扱っていたというエピソードもあります。

そのため、現在でも家族仲は良く、都合さえ合えばスタジアムに家族を招待することもしばしば。

きっとこれまでサッカーを続けさせてくれた感謝の思いもあり、家族想いな人に育ったのでしょう。

一方でサッカーに関しては、自身を「欲の塊」と呼ぶほどの情熱と自信の持ち主。

2019年1月のベトナム戦後のインタビューでは

「性格的に自信しか持っていないので。過信にならないようにですけど、圧倒的な自信を自分自身、持っているつもりなので」

引用元:https://www.sponichi.co.jp/

とも語っています。

輝かしい成績の裏で、誰よりも努力し、成長/成功できる資質が堂安選手には備わっていると言えますね。

 

堂安律選手の経歴

  • 3歳 兄たちに混ざってサッカーを始める。
  • 小学生時代 浦風FCに所属。途中から西宮SSへ所属。
  • 中学生時代 ガンバ大阪ジュニアユースへ入団。2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成。
  • 2015年(高2) ガンバ大阪のトップチームに帯同し、クラブ史上2番目となる16歳344日で公式戦デビュー。
  • 2016年(高3) ガンバ大阪U-23のグルーシャ盛岡戦で公式戦初得点。J3リーグ得点ランキング暫定首位に立つ。
  • 2017年 オランダ1部のFCフローニンゲンに約1年間の期限付きで移籍。
  • 2018年 フローニンゲンが買取オプションを行使し、完全移籍が決定。同シーズン9点目を決め、フローニンゲンの10代選手で歴代3位の記録を達成。
  • 2019年 PSVアイントホーフェンへ移籍。クラブ史上初の日本人選手となる。

堂安律選手は韓国人なのか?噂される国籍とは

結論から言えば、堂安選手は韓国人、韓国籍ではありません。

珍しい名字である「堂安」と顔立ちもどことなく韓国系と言われればそう見えなくもないため、このような噂がたったのだと思われます。

ちなみに「堂安」という名字は日本に130人ほどしかいないみたいですよ。

そもそも日本代表に選出されているので日本国籍なのは間違いありませんね。

堂安律選手「名門PSV」に移籍

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿

堂安選手は2019年8月にPSVに移籍しました。

PSVはオランダ、アイントホーフェンに本拠地を置く1913年創設のサッカークラブで、フィリップス・サッカークラブを意味する「Philips Sport Vereniging」の頭文字が由来となっています。

またアヤックス/フェイエノールトとともに「ビッグ3」と呼ばれるオランダの名門クラブです。

元々はアイントホーフェンに本社を持つ電機メーカー・フィリップスの企業クラブとして創設され、同社は2016年までメインスポンサーもつとめていました。

クラブカラーは赤と白で、ファンからはブーレン/フィリップスなどといった愛称で親しまれています。

堂安律選手に彼女はいるの?結婚は

現在交際していると公表されている方で「まゆ」さんという彼女がいるようです。

堂安選手のSNS投稿で発覚した交際ですが、お相手は一般の方なので、詳しい情報はわかりません。

オランダのクラブチームへ移籍後の取材では、彼女が日本食の調達などもしてくれていると答えており、堂安選手の活躍を陰ながら支えている様子が伺えます。

堂安選手も現在21歳ですが、日本代表選手は若くして結婚する場合が多く、子供がいる選手も少なくありませんので、近い将来あるであろう結婚発表に期待しましょう。

 

堂安律選手「カッコイイ」インスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

@loveloveritsusanがシェアした投稿

刈り上げた髪型とすっと通った鼻筋が印象的ですね。

黒と赤でまとめてコーディネートもかっこいいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukari(@natsu_rei0817)がシェアした投稿

真剣な表情でこちらを見つめる堂安選手。

プレー中とはまた違った色気を感じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

てんか⚽️💕(@tenka2107)がシェアした投稿

スーツでビシッと決めた堂安選手。

紺のスーツとえんじ色のネクタイがよく似合っています。

堂安律選手に対してのみんなのツイッター

 

厳しい意見ですが、期待の裏返しとも取れますね。

堂安選手の変化や成長が日本代表のレベルをまたひとつ上げることに繋がります。

ワイナルドゥム選手は現在リバプールでプレーするMFです。

身長175cmながら優れたパスワーク、ボール奪取能力を備えた選手で、堂安選手にもワイナルドゥム選手のような素晴らしい選手になってもらいという期待が見えます。

21歳ならまだまだ成長できる伸びしろがあります。

若いうちから代表選手として他国代表選手と対戦できることは堂安選手にもプラスになりますね。

現在ではなく、未来の所属チームについてのツイート。

本当にこんな未来が来たらとわくわくしますね。

堂安律選手の2020東京オリンピックへの期待

海外では「日本のロッペン」や「なにわのメッシ」と比喩されることがある堂安選手ですが、その理由は世界の有名選手を彷彿とさせるプレーからのようです。

172cmと恵まれた体格ではありませんが、その分フィジカルや体感で体の大きい海外選手と渡り合っています。

すでにオランダの名門クラブでプレーしていますが、オリンピック代表選手に選出され、そこでも得点に絡む活躍を期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です