柔道100kg級ウルフアロン選手の東京五輪の結果は?何人なの?カッコいい筋肉インスタ

東京オリンピックウルフアロン選手

東京オリンピックでの活躍が日本中から期待されているウルフアロン(Aaron Phillip Wolf)選手。

父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフなので、がっしりとした体つきで豪快な柔道がとても魅力な選手です。

2019年に柔道選手の奥様と結婚し公私ともにとても順調のようですね。

今でこそとても有名な柔道選手となったウルフアロン選手ですが、子供の頃は柔道を面白いと思っていなかったそう。

あくまで習い事感覚で、大会で入賞してもそんなに楽しいと思わなかったという一流選手には珍しい幼少期を過ごしています。

ウルフアロン選手が柔道にハマるようになった経緯、これまで活躍した大会の成績、強さの秘訣を探っていこうと思います。

こちらの記事を読むと、ウルフアロン選手の魅力をさらに知ることができますよ!

この記事で分かること
  • ウルフアロン選手のパーソナルデータ
  • ウルフアロン選手の性格や人柄
  • ウルフアロン選手の今までの成績・高校や大学などの経歴
  • ウルフアロン選手のかっこいい筋肉インスタ
  • ウルフアロン選手の事が書かれてあるみんなのツイッター評価

 

【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

>> 【東京五輪柔道】出場選手・ルール・会場・日程情報

 

ウルフアロン選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.WOLF ウルフアロン(@aaron_wolf0225)がシェアした投稿

生年月日 1996年2月25日
階級 100kg級
出身地 東京都葛飾区新小岩
得意技 大内刈
世界ランキング 15位
身長 181cm
体重 100kg
所属 了徳寺学園
五輪代表歴 なし
選手HP http://www.judo.or.jp/athlete/a_wolf
選手SNS(twitter・instagram) official tweet

official instagram

 

ウルフアロン選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.WOLF ウルフアロン(@aaron_wolf0225)がシェアした投稿

ウルフアロン選手は、6歳の時に身体が大きかったことから祖父に勧められ柔道を始めました。

小学生の時、全国少年柔道の団体戦で入賞するようになりますが、中学生になってもまだ柔道の楽しさには気づいていなかったというウルフアロン選手。

ところが、アロン選手が中学2年生の時、柔道の練習で生意気な後輩に何度も投げられるうちに悔しさを知り、本格的に柔道に打ち込むようになります。

高校生になると数々の大会で結果を残し、特に団体戦で高校3冠を達成したのは本人の自信にもつながったようです。

自分にとって一番良い練習法についても考え始め、やらされるのではなく、自分で自主性を持って練習できる環境を望むようになり、東海大への進学を選びます。

順調にいっていた柔道生活ですが、大学4年の時にはケガから国際柔道連盟主催の柔道大会、グランドスラムを欠場。

その時のケガは自分が注意を怠ったことから起きたものであり、精神面を鍛えるきっかけにもなりました。

社会人となり教える側にもなったウルフアロン選手は、柔道が趣味から仕事に変わったと自覚したそうです。

心身ともにパワーアップしたウルフアロン選手、今後の活躍にますます期待ですね。

 

ウルフアロン選手の経歴

  • 6歳の時、春日柔道クラブにて柔道を始める。
  • 小学5年生の時、全国少年柔道大会で2位入賞。
  • 東海大浦安高校に進学し、団体戦で高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成する。
  • 大学1年生の時、優勝大会、全日本ジュニアともに優勝。
  • 大学2年生の時、IJFワールド柔道ツアーで初優勝を飾る。
  • 大学3年生の時、体重別団体にて優勝。
  • 大学4年生の時、選抜体重別で2連覇達成、世界選手権代表に選出される。
  • 2018年、実業団体3部で優勝。
  • 2019年全日本選手権にて優勝。

 

ウルフアロン選手の柔道スタイル

ウルフアロン選手の強さの秘密は、大きな体から繰り出される強力な大内刈りと他の選手を圧倒するスタミナです。

特に延長戦での粘り強さを武器にしていて、自主的にトレーニングを積み、練習前にランニングなどをして体力をつけていったそう。

 

新しい取り組みにどん欲な姿勢も見せており、得意技だけでなく柔道の基本に立ち返りトータルバランスを重視したトレーニングを行っているそうです。

今後の試合で、さらなる進化した技や試合展開が飛び出す可能性もあるので目が離せませんね。

 

ウルフアロン選手の得意技:大内刈り

 

ウルフアロン選手の代名詞「大内刈り」。

アロン選手の大内刈りが決まると大きな音ともに相手が畳に倒れるので、会場が一気にヒートアップするんです。

 

ウルフアロン選手自身も得意技である「大内刈り」には絶対の自信を持っており、しっかり相手と組み合えば絶対投げられると豪語しています。

多少強引にでも仕掛けて戦った時は負けた記憶があまりないと話しているウルフアロン選手。

「負けた試合で内容がいいということはありえない。勝ってなんぼ!」と闘志を燃やしています。

 

ウルフアロン選手かっこいいインスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.WOLF ウルフアロン(@aaron_wolf0225)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.WOLF ウルフアロン(@aaron_wolf0225)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.WOLF ウルフアロン(@aaron_wolf0225)がシェアした投稿

 

ウルフアロン選手の2020東京オリンピックへの期待

東京オリンピックへ向けた準備のため大学院を休学しているウルフアロン選手。

周囲から金メダル獲得が期待されています。

ウルフアロン選手の豪快でパワフルな柔道ならメダル獲得は確実!

絶対見逃せませんので、日本中で応援しましょう!

 

▼東京オリンピック柔道出場選手プロフィール一覧はこちら▼

【東京五輪柔道】出場選手一覧

>>【東京五輪柔道】出場選手一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です