【東京五輪】陸上マラソン 大迫傑選手ってどんな人?かっこいいインスタと元SKE48の嫁

【東京五輪】陸上マラソン 大迫傑選手ってどんな人?かっこいいインスタと元SKE48の嫁

大迫傑(おおさこすぐる)選手はマラソンの日本記録を持ち、東京オリンピックでのメダル獲得を期待される陸上選手です。

大迫選手と言えば箱根駅伝で早稲田大学のエースとして活躍した姿を連想する人も多いですよね。

現在は日本の陸上選手としては珍しく海外に拠点を置き、世界で10人前後しかいないナイキの長距離選手強化を目的としたチームに、唯一のアジア人として所属しています。

近年ではSNSの発言などでも話題となることも多い大迫選手ですが、一体どんな人物なのでしょうか。

大迫選手のこれまでの経歴や家族の情報、人柄などSNSも含めて詳しく見ていきたいと思います。

 

大迫傑選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suguru Osako(@suguru_osako)がシェアした投稿

愛用シューズ NIKE Vaporfly 4% Flynit
出場種目 ・5000m

・10000m

・ハーフマラソン

・マラソン

自己ベストタイム ・3000m:7分40秒09(日本記録)

・5000m:13分08秒40(日本記録)

・10000m:27分38秒31

・ハーフマラソン:1時間01分01秒

・マラソン:2時間05分50秒(日本記録)

生年月日 1991/5/23
出身地 東京都町田市
出身校 ・町田市立金井中学校

・佐久長聖高校

・早稲田大学

身長 170cm
体重 53kg
所属 ナイキ・オレゴン・プロジェクト
五輪代表歴 リオデジャネイロオリンピック10000m代表
選手HP 大迫傑選手オフィシャルサイト
選手SNS(twitter・instagram) official tweet

official instagram

大迫傑選手ってどんな人?

自分で決めたことは絶対に曲げないまっすぐな性格の大迫選手は、競技に対して誰よりもストイックで負けず嫌い。

その負けず嫌いぶりは陸上を始めた中学生のころから際立っていたようで、当時試合で負けた時は周囲の輪に入らず、一人で不機嫌な顔をしていたそうです。

高校・大学と進学する中でもその性格は変わらず、日本新記録を塗り替えるランナーに成長した後も「記録よりもレースで勝つことが大事」と語るほど負けることを嫌います。

大迫選手と言えばツイッターなどで陸上連盟を相手に苦言を呈するなど、歯に衣着せぬ発言でも話題になっていますが、学生時代から誰に対してでも自分の意見をしっかり言い問題提起をしてきたそう。

思ったことを口にするのは勇気がいることですが、大迫選手が自分の意見をまっすぐ伝えるスタンスは学生時代に培われたものなんですね。

ストイックで厳しいイメージのある大迫選手ですが、二人の娘を溺愛する柔和な父親の顔を妻のSNSで見ることができます。

特に2018年に誕生した次女への溺愛っぷりはすごく、「世界にはパパしかいないんだぞ」と迷言を発する親バカな一面もあるんですよ。

大迫傑選手の経歴

  • 町田市立金井中学校で本格的に陸上を開始。
  • 中学3年で全日本中学校陸上競技選手権で3000m3位。
  • 2007年、佐久長聖高校に進学。
  • 2008年(高校2年)、全国高校駅伝優勝。(区間賞獲得)
  • 2010年、早稲田大学に進学。
  • 2011年(大学1年)箱根駅伝往路2位、復路1位で総合優勝。(1区区間賞)
  • 同年、中国深圳で行われたユニバーシアード10000mで金メダル獲得。
  • 2014年早稲田大学を卒業し、ナイキ・オレゴン・プロジェクト及び日清食品グループと所属契約を結ぶ。
  • 2015年日清食品グループとの所属契約を解消し、ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属に専念する。
  • 2016年日本陸上競技選手権で5000mと10000mの2種目で優勝。
  • 2017年自身初のマラソンであるボストンマラソンで3位入賞。
  • 2018年シカゴマラソンにおいて2時間05分50秒の日本新記録を樹立する。
  • 2019年東京五輪日本代表選考レースであるMGCで、3位入賞するも代表権を逃してしまう。

大迫傑の嫁(妻)は元【SKE】橋本あゆみ!

大迫選手の妻は元SKE48の研究生だった橋本あゆみさんです。

お二人は2013年ごろに結婚されており、現在は二人の娘さんとアメリカで暮らしています。

気になる馴れ初めですが、2013年と言えば大迫選手はまだ早稲田大学在学中であり、学生結婚をしているようです。

当時橋本あゆみさんは、スポーツメーカーのAsicsで社員として働いていたので駅伝を通して知り合われたようですね。

現役のスポーツ選手を支えるのはとても大変だと思いますが、橋本さんは「アスリートフードマイスター」や「アクティブスリープ指導士」の資格を取って、食事や健康の面から大迫選手を支えています。

大迫選手が競技に集中できるのも、奥さんあってのことなのかもしれませんね。

大迫傑選手が陸上引退?

大迫選手は2019年現在、東京オリンピックの最後の代表枠をかけて厳しいトレーニングの最中であり、引退などの具体的な時期などは明言していません。

しかし引退後は指導者として、後進の育成に取り組みたいというビジョンがあるようです。

日本の陸上選手の多くは、社会人になると実業団に所属し仕事をしながら陸上を続けるのが一般的。

ですが大迫選手はアメリカを拠点とし、ナイキ・オレゴン・プロジェクトという長距離選手の強化を目的としたチームに所属しており、日本人としては異例の経歴を持っています。

今後は自身の経験を活かした競技環境作りや、従来とは違う選手の育成方法を推進していきたいと考えているようです。

大迫傑選手がピアスをする理由

2019年に大迫選手のルックスが変化し、坊主頭にピアス姿を公開して大きな話題となりました。

本人曰く、常に自分らしくあるためにイメージチェンジを決断したそうです。

坊主頭にした当初は外見がガラリと変化したため、大迫選手の長女も毎朝立ち止まって本当に父か確認していたそうですよ。

大迫傑選手の嫁橋本あゆみと子供達のインスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayumi Osako(@ayu_sako)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayumi Osako(@ayu_sako)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayumi Osako(@ayu_sako)がシェアした投稿

イケメン大迫傑選手の「かっこいい」インスタ画像

話題となった坊主頭にピアス姿は、大迫選手のはっきりとした目鼻立ちを際立たせますね。

シンプルですがおしゃれな私服姿もカッコいいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suguru Osako(@suguru_osako)がシェアした投稿

視線から強い意志を感じるような写真ですね。

プライベートな時でも精悍な顔立ちが印象的です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suguru Osako(@suguru_osako)がシェアした投稿

良い感じの気候の場所でのハーフマラソンを走ったということで、気持ちよさそうに走っているのが表情からも窺えますね。

大迫傑選のツイッター

がむしゃらにトレーニングに打ち込むとケガや故障に繋がって練習できなくなり、焦りや不安が生まれてしまうものです。

自分のコンディションを常に見極めて適したトレーニングをすることはとっても大変ですが、大迫選手はスマートにと一言で言っていますね。

難しいことを平然とこなしてしまうのは、さすがトップアスリートです。

 

日本記録保持者として負けられない立場であり結果はものすごく悔しいはずですが、上位に入った選手を称える大迫選手は人として素晴らしいですね。

この結果に対してもすぐに前向きに、次を見据えた考え方ができるのは精神的にものすごく強い選手なのが分かりますね。

 

大迫傑東京マラソンで日本記録2020年3月1日

東京オリンピックマラソン代表の最後の人枠を決めるため、コロナウィルスが懸念される中、東京マラソンが開催されました。

大迫選手の結果は、2時間5分29秒の日本新記録で日本人トップの4位を獲得し、東京オリンピック代表の座を大きくたぐり寄せました。

この大舞台で日本新記録を出してくるところなんかは、本当にすごいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です