【東京五輪】サーフィン代表イケメン五十嵐カノア選手ってどんな人?恋人や年収は?

五十嵐カノア選手はアメリカ・カリフォルニア州在住の日本人プロサーファーです。

2020年東京オリンピックに代表選手として選出されることが期待される1人。

この記事では彼の人となり、これまでに獲得してきたタイトルを振り返っています。

さらに家族構成、国籍を変更した理由、彼女の存在についてもまとめました。

この記事を読んだ上で、2020年東京オリンピックを観戦すればより一層楽しめると思いますよ。

五十嵐カノア選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

世界ランキング 5位
生年月日 1997年10月1日
出身地 アメリカ カリフォルニア州
出身校 不明
身長 180cm
体重 75kg
所属(スポンサー) Quiksilver
五輪代表歴 なし
選手HP なし
選手SNS(twitter・instagram) official twitter

official instagram

五十嵐カノア選手ってどんな人?

五十嵐選手はカリフォルニア州で生まれ、プロサーファーである両親の影響もあり3歳の頃からサーフィンを始めました。

プロサーファーである両親に教わりながら、6歳にもなるとKids For Clean Wavesで優勝し、その活躍が認められ史上最年少でUSAチーム入りを果たします。

これだけ輝かしい成績を持ちながらも、かなりの努力な性格の持ち主で、大会出場後は自分のライディングを徹底的に分析し改善することを欠かさないそうです。

五十嵐選手の毎朝の日課として、起きて直ぐに波の状況のチェックを欠かさないほどどサーフィンが大好きだと語っています。

スポーツ万能もさることながら、日本語・英語・ポルトガル語・フランス語・スペイン語の5カ国梧をマスターするほどの秀才なんですよ。

また親・兄弟とも仲が良く、毎日サーフィンの話で盛り上がっているようです。

五十嵐カノア選手の成績・経歴

  • 3歳 サーフインを始める
  • 6歳 ローカルコンテスト「Kids For Clean Waves」で優勝
  • 2014年 QS1,000『Shoe City Pro』優勝
  • 2015年 QS6,000『Mahalo Surf Eco Festival』優勝
  • 2015年 QS3,000『Vans Pro』優勝
  • 2016年『Billabong Pipe Masters』2位
  • 2016年 QS6,000『Pantin Classic Galicia Pro』優勝
  • 2016年 QS6,000『Hang Loose Pro Contest 30 Anos』優勝
  • 2017年 QS1,000『Shoe City Pro』優勝
  • 2017年『MEO Rip Curl Pro Portugal』3位
  • 2017年 QS10,000『Vans US Open of Surfing』優勝
  • 2017年『MEO Rip Curl Pro Portugal』3位
  • 2017年『Billabong Pipe Masters』3位
  • 2018年『Corona Open J-Bay』3位
  • 2018年 QS3,000『Pro Santa Cruz 2018 pres. by Oakley』優勝
  • 2018年 QS10,000『Vans US Open of Surfing』優勝
  • 2018年 QS10,000『EDP Billabong Pro Ericeira』2位
  • 2018年『Surf Ranch Pro』3位
  • 2019年『Corona Bali Protected』優勝

五十嵐カノア選手の年収は?

五十嵐選手だけではありませんが、プロサーフィン選手の場合、給料ではなく賞金制。

賞金総額で言えば、平均200万円程度と言われています。

ですが、五十嵐選手はRedBullなど多くのスポンサー契約を結んでいるため、それらの企業から多額のスポンサー料を貰っているのではないでしょうか。

五十嵐カノア選手の家族構成母・父・弟は?

五十嵐選手は両親と弟の4人家族。

先にも書きましたが、両親はどちらもプロサーファーです。

弟のキアヌとはとても仲がよく、サーフィンの競技中、ライブ映像でもたびたび一緒にいる姿が捉えられているほど。

この弟キアヌもアメリカのアマチュアサーフィン団体NSSAの大会で優勝を収めています。

また両親は息子2人の世界ツアーに常に帯同し、献身的にフォローし続けているそうです。

こうしたサポート体制を作っていることに対して五十嵐選手はとても感謝しています。

五十嵐選手の活躍の裏にはこうした家族の協力があるんですね。

五十嵐カノア選手が国籍を変更したわけ

両親の母国である日本の代表選手としてオリンピックに出場し、そしてメダルを獲得したいという思いからアメリカ国籍から日本国籍へ変更しました。

その理由は献身的なフォローを行ってくれる両親への感謝のようです。

また祖父母も日本に在住しており、自分自身のルーツは常に日本にあると感じていた五十嵐選手。

感謝の気持ちを行動で示せる五十嵐選手は人として尊敬できますね。

五十嵐カノア選手の彼女は誰?

現在、五十嵐選手に彼女はいません。

過去ビラボンのプロサーファー、ポルトガル国籍のテレサ・ボンヴァロ(Teresa Bonvalot)が五十嵐選手の彼女だったようです。

2歳年下でチャーミングなテレサとイケメンの五十嵐選手はお似合いでしたが、互いに競技へ専念するために現在は交際関係にはありません。

五十嵐カノア選手「筋肉・カッコイイ」インスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

seijun nishihata 西畠清順(@seijun_nishihata)がシェアした投稿

浅黒く灼けた肌と白のウエアがよく似合っていますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝日新聞映像報道部 Asahi_Photo_Sports(@asahi_photo_sports)がシェアした投稿

オレンジのウェアに身を包み波に乗る五十嵐選手。

波しぶきが躍動感を感じさせます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

イケメン図鑑(@ikemen.zukan)がシェアした投稿

鍛えられた肉体はカッコイイですね。

日本の女性が放っておきません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

身長180cm体重74kgとのことですが、健康的で鍛え抜かれた体に魅了されます。

五十嵐カノア選手に対してのみんなのツイッター

サーフィンの技術もさることながら、勉学にもしっかりと打ち込んできた姿は見習うべきですね。

 

世界的に見てもトップレベルにいる五十嵐選手。

同じ日本人として誇らしいですね。

 

 

五十嵐選手のためにアメリカ移住を決めた両親は確かにすごいですね。

同時にその期待に応えている五十嵐選手もすごい。

五十嵐カノア選手の2020東京オリンピックへの期待

2020東京オリンピックに新競技として実施されるサーフィンですが、その代表選手として五十嵐選手が選出されれば、金メダルも狙えるレベルです。

卓越したライディング技術と優れた頭脳で、初めての競技で日本人がメダルを獲得することを期待し、活躍できるように応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です