【東京五輪】男子マラソン代表 イケメン服部勇馬選手の走りにはシューズに秘密が?

【東京五輪】男子マラソン代表 イケメン服部勇馬選手の走りにはシューズに秘密が?

服部勇馬(はっとりゆうま)選手は、2020年東京オリンピック代表に内定したマラソン選手です。

服部選手の学生時代から社会人まで、その後どのようにして東京五輪代表にまで登りつめたのか。

服部選手の走りだけでなく、これまでの成績や実家や家族のことも含めてご紹介していきます。

この記事を読めば、あなたも服部選手の魅力に惹かれて応援したくなりますよ。

服部勇馬選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo-Ekiden(@ryo_ekiden)がシェアした投稿

出場種目 マラソン
自己ベストタイム 2時間07分27秒(2018年)
生年月日 1993年11月13日
出身地 新潟県
出身校 十日町市立中里中学校・仙台育英高校・東洋大学
身長 176cm
体重 61kg
所属 トヨタ自動車
五輪代表歴 なし

服部勇馬選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

末次ホルモン(@suetsugu_horumon)がシェアした投稿

服部勇馬選手は、穏やかな性格で、「キャプテンのように引っ張る役割は苦手」なんだそう。

そして、集中すると周りが見えなくなるタイプであり、負けず嫌い。

「最終的にどんなマラソンでも勝たなければ意味がない」「強い選手になりたい」と語っており、勝ちと強さへのこだわりから、とても自分自身にストイックな選手です。

そんな服部選手は中学時代に陸上競技部に入部し、1年生時には全国中学校駅伝にて4区で区間賞、仙台育英高校3年生時の2011年インターハイ5000mで5位入賞。

東洋大学に進学後は1年生時から駅伝メンバー入りし、大学2年生時の出雲駅伝では5区を任され、なんと区間記録を樹立するなどの活躍をみせます。

大学3年生時の箱根駅伝、2区を担当し、花の2区を呼ばれる各校のエースが集うこの区間で区間賞、また、全日本大学駅では1区を担当し、ここでも区間賞を獲得。

大学卒業後、トヨタ自動車に入社し「マラソンで結果を出すためにトラックを走る」と決意し、マラソンでのスピード強化を目的にトラック競技に力を入れるようになります。

2018年12月2日に行われた福岡国際マラソンで、2時間7分27秒の好記録優勝。

それと同時に2020年東京五輪選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得します。

そして、2019年9月15日、MGCにおいて2位になり、東京五輪代表が内定しました。

徹底したマラソンへの思い、勝ちや強さへの気持ちの強さ、こういったストイックな性格だからこそ東京五輪代表の座を掴みとれたのかもしれませんね。

服部勇馬選手の経歴

  • 中学入学後、陸上部に入部、3年生時1500m決勝7位入賞
  • 仙台育英高校3年生時、2011年青森インターハイ5000m5位入賞
  • 東洋大学進学後、2年生時出雲駅伝5区区間新記録(記録:17分54秒)
  • 2015年、第91~92回箱根駅伝2区2年連続区間賞という偉業を達成
  • 2018年、12月2日福岡国際マラソンで2時間7分27秒の好記録で2004年大会の尾方剛さん以来14振りとなる日本人選手優勝の快挙を成し遂げる
  • 2019年9月に行われたMGCで2位になり、東京五輪出場内定

服部勇馬選手の実家は起業家!

服部勇馬選手の実家は起業家!

服部選手の実家は「服部総業」という建設会社を営んでいて、祖父である龍一さんが創業し、父の好位さんが社長を務めています。

現在(2019年)では4歳年下の弟、服部勇馬風馬さんが「兄には走り続けてほしい」という願いから家業を継ぐことにしたそうです。

服部勇馬選手の家族の経歴が凄い!

父である好位参は混成競技(十種競技・デカスロン)の選手で母の麻里子さんはクロスカントリースキーの経験があります。

ご両親ともにスポーツ経験者ということもあり、服部選手の運動能力の高さはお二人の遺伝なのかもしれませんね。

服部勇馬選手の兄弟も凄い!

服部勇馬選手には4兄弟の長男になり、1歳年下の(次男)弾馬さんと4歳年下の(三男)馬風馬さん、10歳年下の妹の葉月さんがいます。

特に、雄馬選手と同じ東洋大学に進学している次男の弾馬(はずま)さんも陸上選手で高校時代から全国トップクラスのランナーです。

卒業後は兄とは違いトラック競技をおこなっていて、五輪代表の座を狙っています。

もしかしたら兄弟揃って五輪代表に選出されるかもしれませんね。

服部勇馬選手愛用シューズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヴィクトリア / スポーツショップ(@victoria_sports_official)がシェアした投稿

服部選手は、今話題のナイキの厚底シューズを履いています。

厚底シューズは、反発力のあるカーボンファイバープレートを、航空宇宙産業で使う特殊素材フォームで挟み推進力の強化と足へのダメージを軽減しています。

スゴイのは、厚底なのに片足184グラムしかなく軽いこと。ナイキの厚底シューズを履いた選手が次々と好成績を出すのも納得ですね。

服部勇馬選手のカッコいいインスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattori(@hattori.1113)がシェアした投稿

さわやかな表情がとてもイケメンな服部選手。

服部選手のこのさわやかな感じを見てると、自分も颯爽と走れるんじゃないか思ってしまいますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattori(@hattori.1113)がシェアした投稿

力強い走りを感じる1枚。

服部選手のマラソンにかける真剣な表情が見てとれますね。

服部勇馬選手のみんなのツイッター評価

大学時代から世界への期待をされていた服部選手。

その期待に応えて代表内定を掴み取ったのは本当に素晴らしいですね。

 

小さな子供も夢中になって応援してしまうほどの服部選手のイケメンぶりがうかがえます。

 

地元に対する思いを語る服部選手の表情は、とても凛としていてかっこいいですね。

 

面識のない方でも服部選手の走りを見ると心が熱くなる。

そんな気持ちが伝わってきますね。

服部勇馬選手の2020東京オリンピックへの期待

勝つことにこだわり、そのためにはストイックに練習に励んでいる服部選手。

きっとそのストイックな姿勢は五輪という大舞台でも持っている力を存分に発揮してくれるでしょう。

見た目はクールですが、熱い走りで金メダルを獲得するところを、是非見せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です