【東京五輪女子卓球代表】平野美宇選手ってどんな人?使ってるラケットやラバー・かわいいインスタ

東京五輪女子卓球代表平野美宇選手

強豪の多い日本女子卓球の中でも、トップレベルの実力を持つ平野美宇(ひらのみう)選手。

2019年12月、東京オリンピックの選考争いで石川佳純選手との直接対決が大注目されました。

そんな平野選手のプロフィールや人物像をわかりやすく紹介していきます。

どのような家庭で育ち、学生時代はどんな生活を送っていたのでしょう。

若くして世界で戦う平野選手のルーツを一気に知ることができますよ。

また可愛らしい私服姿など、プライベートからもその魅力に迫ります。

 

【東京五輪卓球】出場選手・ルール・会場・日程情報

>> 【東京五輪卓球】出場選手・ルール・会場・日程情報

平野美宇選手のパーソナルデータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miu Hirano(@miu_hirano)がシェアした投稿

世界ランキング 11位
生年月日 2000年4月14日
出身地 出生は静岡県沼津市
2歳のときに山梨県中央市へ引っ越したそうです。
出身校 稲付中学校・大原学園高等学校
身長 158cm
体重 45kg
所属 日本生命レッドエルフ
五輪代表歴 なし
選手HP https://tleague.jp/team/nissay-redelf/
選手SNS(twitter・instagram) official tweet

official instagram

平野美宇選手ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

横山達也TatsuyaYokoyama(@tatsuya_tl_fan)がシェアした投稿

実力者が集まる2000年生まれの女子卓球選手は「黄金世代」と呼ばれています。

その中でも、オリンピックの選手争いに名を挙げるなど注目を集めているのが平野美宇選手です。

幼い頃から卓球が上手で、雑誌にも取り上げられるほどでした。

試合に負けそうになると泣いてしまうことから「第2の愛ちゃん」と呼ばれていたようです。

 

平野選手の母親によると、普段は大人しい性格でしたが卓球に関しては昔から負けず嫌いだったそう。

試合での気迫ある姿は、観客を魅了しています。

同じ卓球選手の伊藤美誠選手とは、幼少期からダブルスペアを組んできて「みうみま」という愛称で親しまれてきました。

メディアからも2人のとても仲の良い様子が見て取れます。

また平野選手には、アイドルが好きという可愛らしい一面も。

特にHey!Say!JUMPと乃木坂46が好きで、アイドルの詳しさなら伊藤選手に負けないと発言しています。

 

平野美宇選手の経歴

  • 3歳の時、卓球選手だった母親の指導のもと卓球を始める。
  • 小学1年生の時、全日本卓球選手権大会バンビの部にて優勝。
  • 小学2年生の時、全日本卓球選手権大会ジュニアの部の史上最年少出場・勝利記録を更新。
  • 小学校4年生の時、全日本卓球選手権大会カブの部にて優勝。
  • 中学2年生の時、ワールドツアーグランドファイナル女子ダブルスにて優勝。
  • 2016年(高校1年生)の時、ワールドカップ女子シングルスにて日本人初・史上最年少で優勝。
  • 2017年(高校2年生)の時、全日本卓球選手権大会一般の部にて史上最年少で優勝。
  • 2017年(高校2年生)の時、アジア選手権女子シングルス優勝。
  • 中学・高校生時代には、ITTFワールドツアーにて各国で数多く優勝。
  • 2019年、アジア選手権団体にて準優勝、女子ダブルス3位。
  • 2019年、ワールドカップ女子団体にて準優勝。

平野美宇選手の愛用ラケット

平野選手が現在使用しているのは、バタフライというブランドの「ビスカリア」というラケットです。

2019年、長く愛用していたSTIGA社の「クリッパーウッド」からラケットを変更をしたことが話題になりました。

ビスカリアは数多くのトップ選手に愛されていて、あの石川佳純選手も愛用しています。

日本では廃盤になっていたようですが、2019年4月より国内販売が再開しました。

特徴はバックハンドが握りやすい独自のグリップ。

打球のスピードも出る、とても優れた性能のラケットなんですよ。

平野美宇選手ラケットの表ラバー

平野美宇選手ラケットの裏ラバー

平野美宇選手の高校と大学はどこ?

平野美宇選手の高校と大学はどこ?

平野選手は通信制の大原学園高等学校を卒業しました。

当時は高校生活とは別にJOCエリートアカデミーに所属し寮生活を送っていたそうです。

高校の卒業式の日は卓球の大会と重ってしまい、特別に1人だけの卒業式が執り行こなわれました。

高校卒業後は大学へは進学せず、日本生命に所属し卓球に専念しています。

平野美宇選手の父・母・姉妹などの家族構成は?

平野美宇選手の家族は、父・母・平野選手・2人の妹という5人構成です。

そして、全員が卓球選手というエリート卓球一家。

父親の平野光正さんは筑波大学出身で、男子卓球部の主将を務めていました。

その後医療の道へ進み、現在は循環器科の内科医をされています。

母親の平野真理子さんも同じく筑波大学の女子卓球部の主将を務めていました。

現在は、平野英才教育研究センター卓球研究所を経営し、指導者として多くの実績を上げています。

3姉妹全員が卓球の道に進んだのは、やはり選手として実力のあった両親の影響が大きいようです。

平野美宇選手かわいい私服姿のインスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miu Hirano(@miu_hirano)がシェアした投稿

髪型を変えた平野選手。

トップスとチョーカーをブラックでまとめ、落ち着いた雰囲気の中に可愛らしさがあります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miu Hirano(@miu_hirano)がシェアした投稿

プライベートでも交流のある乃木坂46の植村梓さんとの2ショット写真です。

試合後の投稿だったため、可愛いというコメントの他にたくさんの応援メッセージが送られていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miu Hirano(@miu_hirano)がシェアした投稿

ピンクがよく似合っています。

タピオカを飲んだり画像加工をしたりイマドキの女の子な一面ですね。

平野美宇選手に対してのみんなのツイッター


平野選手のアスリートとしての資質がわかりますね。

どんな時でもコートの上では常にアスリートでいる姿を称賛しています。

 


平野選手とツイッター上でやり取りをした方のツイートです。

ユーモアをユーモアで返す平野選手の器の大きさを感じます。

 

東京オリンピックの選考結果に対して、各界からたくさんの応援メッセージが寄せられています。

熾烈な戦いは全国民の胸を打ったのでしょう。

平野美宇選手の2020東京オリンピックへの期待

東京オリンピック女子シングルスの日本代表の正式発表は2020年1月です。

すでに代表選定基準をクリアした伊藤美誠選手の他、残り1枠を平野選手と石川佳純選手が近差で奪い合っていました。

2019年12月12日に中国で開催されたワールドツアーグランプリファイナルが、代表選定に影響する最後の試合。

両者は、勝った方が代表2枠目を獲得できるという直接対決の場面になります。

その試合に勝利したのは石川選手で、実質的に平野選手はシングルスの代表入りを逃しました。

平野選手の現実を真摯に受け止めて前を向く姿に、胸を打たれた方は多いのではないでしょうか。

しかし、まだ東京オリンピックの団体戦の日本代表は未確定です。

団体戦の出場枠を掴み、平野選手がオリンピックの舞台で戦う姿が見たいですね。

 

【東京五輪卓球】出場選手・ルール・会場・日程情報

>> 【東京五輪卓球】出場選手・ルール・会場・日程情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です